みなさん、こんにちは!
東京都葛飾区で開業している獣医師の進藤と申します。

私が運営している病院は、エキゾチックアニマルの専門病院です。
当院には犬・猫はまったく来院しません。
狂犬病予防接種やフィラリア予防もないので、春の繁忙期もありません(これはよいことなのでしょうか??)。

一般的な動物病院で働く獣医師の皆さんの目には、当院のような専門病院の日常は新鮮にうつると思います。
本連載では、エキゾチックアニマル専門病院での日常を少しずつ紹介していきたいと思います。

症例クイズ:ウサギの足の裏を診察する!

ウサギが来院しました。
来院理由は「足の裏が赤い」です。

あなたはこの症例に対して、どのように診断しますか??


図 来院したウサギの足の裏 
確かに白い毛が一部無くなって、赤い地肌がみえています。

さて、これはどんな病気でしょう?
足の裏をみるためにはウサギを適切に仰向けにしないとみることができませんから、その保定も注意です。


図 仰臥位での視診 
ウサギの背中を自分にぴったりくっつけると暴れにくいです。


図 保定者がいる場合 
上記とウサギは反対向きになっていますが、背中はぴったりとくっついていますね!


診断名を考えてください(答えは次ページへ)。