本日4/22(木)は、地球環境について考える日である『アースデイ』です。
データから最適なカロリープランで体重管理できるパーソナライズフレッシュドッグフード『PETOKOTO FOODS(ペトコトフーズ)』を運営する株式会社PETOKOTO(東京都品川区、代表取締役 大久保 泰介)は、ペットライフブランドとして​、地球環境・動物福祉への配慮も積極的に取り組んできました。4月22日のアースデイの本日、よりサステナブルで豊かな社会を実現するため「 #サステナBULLアクション 」をスタートすることをご報告いたします。第一弾として、フードロス削減プロジェクトを開始します。
URL:https://foods.petokoto.com/

ニュース概要 

#サステナBULLアクション始動の背景


PETOKOTO FOODSを展開するPETOKOTOは、「人が動物と共に生きる社会をつくる」ことをミッションに掲げ、「ペットライフを家族の在り方の一つにする」というビジョンで事業を展開しています。

審査制日本一の保護犬猫マッチングサイト「OMUSUBI(お結び)」は、ペット業界の課題である殺処分問題の解決を目指して運営。日本最大級ペットライフメディア「PETOKOTO(ペトコト)」は、獣医師などの専門家による正確な情報発信を通して、動物や動物が苦手な人へも配慮し、違いを尊重して共生する豊かなペットライフを提案しています。


フレッシュドッグフード「PETOKOTO FOODS(ペトコトフーズ)」は、従来のドライフードへの疑問から開発した、私たちも安心して食べられるほど新鮮で安心な犬のごはんです。2021年3月の売上は前年同期比で2,000%増加しており、多くのワンちゃんの食卓にお届けしてきました。


事業を運営する中で、ミッションである「人が動物と共に生きる社会」を実現するためには、前提として持続可能(サステナブル)な社会が必要があると考え、持続可能性を意識した製品開発を行っています。

例えば資材面では、PETOKOTO FOODSのパッケージに、化石資源の節約と二酸化炭素排出量削減による地球温暖化防止に貢献するため、再生可能な有機資源由来の物質であるバイオマスインキを採用しています。一般的なパッケージ用印刷インキに比べ印刷プロセスで発生するCO2を15%程度削減できます。

サービスシステム面では、定期配送のサブスク型であるからこそ、余剰納品とならないよう適正な量を適正なタイミングで届け、スキップや数量変更にも柔軟に対応しフードロスを防止しています。


しかし、まだまだ地球のため、社会のために改善できることがたくさんあります。私たちは未来のために、企業責任として果たすべきことの具現化を目指し「#サステナBULLアクション」を掲げることにしました。

これからは、フレンチブルドッグをキャラクターモデルにした「サステナBULLくん」と一緒に、環境・社会へ配慮した取り組みを推進していきます。