今が勝負、愛玩動物看護師を広めていきましょう

先生が講演の最後に話した言葉がとても印象的でした。

「チーム獣医療として飼い主さんと獣医師をつなぐ重要な役割を担うであろう愛玩動物看護師は、これからの活躍が大変期待されています。しかし、愛玩動物看護師は、世間的にまだ認知度が低い印象です。愛玩動物看護師が初めて生まれる今年、メディアへの露出を増やすなどして、さまざまな形で国家資格化を発信していきましょう」(左向先生)


臨床現場において動物の病気を治すためには、必ず動物看護に携わる方の力が必要です。

先生の講演を聴いて、これまで以上に動物看護に携わる方の活躍の場が広がることは間違いないと感じました。

私自身についても、動物看護、そして獣医療業界を盛り上げていけるよう努めたいとの想いを強くしました。

(as/SA Medicine編集部 宇佐見彩乃)



【参考資料】
1)新しい国家資格愛玩動物看護師ができました!(リーフレット):農林水産省HP(accesed:2022_01_13)
https://www.maff.go.jp/j/syouan/tikusui/doubutsu_kango/index.html

2)専門看護師リーフレット「専門看護師ってどんな看護師?」:日本看護協会
https://nintei.nurse.or.jp/nursing/wp-content/uploads/2019/01/leaflet_CNS2019-2.pdf

3)認定看護師制度リーフレット「認定看護師ってどんな看護師?」:日本看護協会
https://nintei.nurse.or.jp/nursing/wp-content/uploads/2020/09/leaflet_CN2020_1.pdf

4) 愛玩動物看護師国家試験対策アンケート(2021年2月):一般社団法人日本動物看護職協会HP(accesed:2022_01_13)
https://www.jvna.or.jp/jvna_statistics/


●ココが面白い! 動臨研2022のバックナンバーはこちらをクリックしてください
https://media.eduone.jp/list/106/130/


こちらの記事もおすすめ