富安博隆先生が薦める、この5冊 ~富安博隆先生のお薦めコメントつき~

富安先生からお薦めいただいた書籍・雑誌を「10%Offにてご提供」いたします!
キャンペーンお申込み期限:2022年7月末日まで

■SA Medicine BOOKS 犬の治療ガイド2020 私はこうしている
商品情報 https://eduward.online/products/detail/1927
■SA Medicine BOOKS 猫の治療ガイド2020 私はこうしている
商品情報 https://eduward.online/products/detail/1928
▶ 犬や猫に発生する各疾患の概念や治療の方針に関して簡潔に、かつ要点を漏らさず記載している書籍だと感じています。私自身は、忙しい診療の合間に少し知識の確認をしたいときなどに利用し、その後時間があるときにその背景にあるエビデンスなどを確認するようにしています。

■臨床の選択肢を広げるケーススタディ・マガジン『VETERINARY BOARD』11号(2020年3月号)
これだけは押さえておきたい 抗がん薬治療による有害事象への対応(前編)

<富安先生ご執筆号>
商品情報 https://eduward.online/products/detail/1907
■臨床の選択肢を広げるケーススタディ・マガジン『VETERINARY BOARD』12号(2020年4月号)
これだけは押さえておきたい 抗がん薬治療による有害事象への対応(後編)

<富安先生ご執筆号>
商品情報 https://eduward.online/products/detail/1918
▶ 私自身が監修した雑誌で大変恐縮ですが、抗がん薬治療に伴う有害事象に関して、その機序から対応法までを専門家の先生方に詳細に記載していただきました。化学療法を実施する際にはぜひご一読いただければ幸いです。

■小動物腫瘍科専門誌『VETERINARY ONCOLOGY』19号(2018年7月号)
腫瘍随伴症候群 知る! 診る! 治す! そして活かす!

商品情報 https://eduward.online/products/detail/1684
▶ 腫瘍性疾患の診断や治療において、原疾患に随伴する症候群を理解しておくことは非常に重要です。ときには、腫瘍性疾患の病変が認められる前に腫瘍随伴症候群が認められることもありますので、知識の再確認を目的にご一読されることをお勧めいたします。

▼詳しくはこちらから▼
https://eduward.online/lp_future_of_veterinary_medicine

※ご希望いただいた号数が品切れになる場合がございます。予めご了承ください。
※「獣医療のミライ7」以外のキャンペーン商品との併用はできません。


富安博隆 Hirotaka Tomiyasu

東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻
獣医内科学教室 准教授

■経歴
・2010年 東京大学農学部 獣医学専修 卒業
・2014年 東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻 修了
・2014~2015年 ミネソタ大学Veterinary Clinical Sciences, College of Veterinary Medicine 博士研究員
・2015~2016年 東京大学大学院 農学生命科学研究科 附属動物医療センター 特任研究員
・2016~2018年 東京大学大学院 農学生命科学研究科 附属動物医療センター 特任助教
・2018~2021年 東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻 獣医内科学教室 助教
・2021年~ 東京大学大学院 農学生命科学研究科 獣医学専攻 獣医内科学教室 准教授

こちらの記事もおすすめ