株式会社エデュワードプレス(本社:東京都町田市、代表取締役社長:坂本 佳弘)は、2023年3月卒業の獣医学生、動物看護学生を対象とした、フリー求人情報誌「Hippo-Works(ヒッポワークス)獣医学生版」、「Hippo-Works(ヒッポワークス)動物看護学生版」の2022年春号を各々発行いたしました。本年度発行より、獣医学出版社の株式会社エデュワードプレスが運営元となり、教科書販売の出版社ネットワークを駆使して4月より全国へ無料配布いたします。

ニュース概要

1.Hippo-Worksとは
2018年にスタートしたHippo-Worksは、小動物の動物病院で働く獣医師・動物看護師を目指す学生(新卒)の方に向けた求人情報誌です。全国の動物病院の求人情報を掲載しているほか、これから臨床現場に就職するために知っておきたい情報や就職してからも必要となる最新のペット業界データ等、その時々に合わせてさまざまな内容を特集しています。獣医療業界の新卒専門求人情報誌としては長く、獣医学生版は通算13号目の発行、動物看護学生版は8号目の発行となります。

【学生に着実に届ける幅広い配布先】
獣医学生版は年4回季節発行し、国公立/私立獣医系大学の就職指導課や研究室、約350か所に配布し、動物看護学生版は年2回春秋発行、全国の動物看護大学および動物看護専門学校に約150か所に配布しています。

【業界最多の発行部数】
自社雑誌のご購読者様にも無料で配布し、学校向けの配布数と合わせると、年間50,000部を発行しており、業界最多にて多くの学生さんにご覧いただいています。

【学生が求める求人情報以外の内容が充実!】
就職活動に役立つ情報や業界データ等、学生のためになる特集を獣医師監修のもと書きおろしています。過去には、海外獣医療の現状についての紹介や、データからまとめたコロナ禍でのペットの飼育環境特集などを掲載。また、2年制の専門学校から獣医大学の6年制にまで対応した入学・卒業年度早見表や、動物病院の見学・実習の流れについての解説など、一般の新卒向けサイトでは得られない、獣医療に特化した内容となっております。

2.2022年春号の特集とポイント
本号の特集では、「数字から考えるペット業界の現状と今後2022」と題し、現在の獣医師数の推移や動物病院の規模などの情報を、『一般社団法人日本ペットフード協会 令和3年(2021年)全国犬猫飼育実態調査』を基に読み解き、集約して紹介しています。

≪特集から内容を一部紹介≫―――――――――――
獣医師数(獣医師法第22条の届出による)は、2020年が35,379人であったのに対して、2020年は40,251人と、10年で4,500人程度増加しています。このうち小動物診療施設に所属する獣医師は16,203人で、公務員が9,481人、企業・団体などが7,825人、獣医事に従事しない者が4,396人、産業動物診療が1,953人という内訳になっています。
動物病院の開設届出状況は、2008年が約10,000件であったのに対し、2020年には約12,247件と増
加しており、近年のペット飼育頭数の減少傾向に反して、動物病院の数は年々増加していることがわかります。1施設当たりの獣医師の数は、3人以下である施設が大半を占めています。しかし、近年獣医師数が3人以下の病院の割合は減少し、4人以上の中規模から大規模の病院の割合が増加していることから、徐々に動物病院の大型化が進んでいる傾向がうかがえます。
―――――――――――――――――――――――

また、今回は初の別冊付録として動物病院ならではのキャリアビジョンや就職活動の方法、動物病院の見学・実習の流れ等をまとめた「動物病院の就活Book」を同梱。これから就職活動を始めるにはぜひ読んでほしい情報が満載です。

3.求人情報誌はPDFでもご覧いただけます
○Hippo-Works 2022年春号(獣医学生版)
https://work.hippos.co.jp/archive/#vet

○Hippo-Works for VN 2022年春号(動物看護学生版)
https://work.hippos.co.jp/archive/#vn_vol

(「動物病院の就活Book」は同梱配布のみとなり、PDF公開はございません)

■当リリースに関するお問い合わせ先
株式会社エデュワードプレス
求人事業部担当:高瀬
求人掲載をご検討中の動物病院様はこちらから:https://career.eduone.jp/Hippo-Works
TEL:042-707-6113
Mail:inquiry@hippos.co.jp


こちらの記事もおすすめ