「序文」より
糖尿病の犬や猫を治療する際に、獣医師が忘れないよう注意すべきことは、「メインの治療=インスリン注射+食事管理」ということであり、これらを日々行うのは飼い主様であるということです。
そのため、飼い主様へのわかりやすいインフォームドコンセントにより糖尿病に対する知識をつけてもらうことが、患者を長生きさせるコツであると考えています。

内容の詳細

本企画にてご紹介いたしました資料は、以下のURLからダウンロードできます。
是非、日々の診療にご活用ください。


●「糖尿病の猫ちゃんのためのホームケアダイアリー」
https://www.prozinc.jp/cat/prozinc/use/images/ProZinc-diary.pdf


●「糖尿病説明シート」
https://bit.ly/3CQMvtW


おすすめの商品

臨床の選択肢を広げるケーススタディ・マガジン

出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 104頁
発行年月日:2021年10月15日


本体価格 4,400円(税込)

森 昭博(日本獣医生命科学大学)

こちらの記事もおすすめ