2019 年に、免疫介在性溶血性貧血(immune-mediated hemolytic anemia:IMHA)の診断・治療に関するコンセンサスステートメントがアメリカ獣医内科学会(American college of veterinary internal medicine:ACVIM)より発表された。IMHAは赤血球に対し自己抗体が産生されることで発症する代表的な免疫介在性疾患であり、特に犬では溶血性貧血の原因として一般的であること、貧血以外の合併症も多く致死率が高いことから、その診断・治療の理解は重要である。

コンセンサスステートメントは、診断編と治療編の 2 部構成となっている。
・ACVIM consensus statement on the diagnosis of immune-mediated hemolytic anemia in dogs and cats.
・ACVIM consensus statement on the treatment of immune-mediated hemolytic anemia in dogs.

診断編は犬と猫に関する記述であるが、治療編は犬のIMHAに限定されている。猫のIMHAの発生率は犬に比べ低く治療に関する情報が少ないこと、また病気の特徴も異なることから、犬の治療編の内容を単純に猫に外挿することはできない点には注意が必要である。

連載第 4 回目は、IMHAの治療開始のタイミング、輸血について解説する。

治療開始のタイミング

免疫抑制療法は、IMHA診断に必要なサンプルをすべて採取した後に開始することを推奨する。

・推奨レベル:強い

・根拠:プレドニゾロンの投与が直接クームス試験の結果におそらく影響しないであろうということを示した研究が 1 報あるが、他の免疫抑制剤については犬で調べられていない。しかし、いくつかの薬剤の投与は(特にグルココルチコイド)、リンパ腫などの疾患について検出率を下げてしまう恐れがあるため、背景に腫瘍や感染性疾患があることが疑わしい症例の場合には、治療開始前に評価することが推奨される。