2019 年に、免疫介在性溶血性貧血(immune-mediated hemolytic anemia:IMHA)の診断・治療に関するコンセンサスステートメントがアメリカ獣医内科学会(American college of veterinary internal medicine:ACVIM)より発表された。IMHAは赤血球に対し自己抗体が産生されることで発症する代表的な免疫介在性疾患であり、特に犬では溶血性貧血の原因として一般的であること、貧血以外の合併症も多く致死率が高いことから、その診断・治療の理解は重要である。

コンセンサスステートメントは、診断編と治療編の 2 部構成となっている。
・ACVIM consensus statement on the diagnosis of immune-mediated hemolytic anemia in dogs and cats.
・ACVIM consensus statement on the treatment of immune-mediated hemolytic anemia in dogs.

診断編は犬と猫に関する記述であるが、治療編は犬のIMHAに限定されている。猫のIMHAの発生率は犬に比べ低く治療に関する情報が少ないこと、また病気の特徴も異なることから、犬の治療編の内容を単純に猫に外挿することはできない点には注意が必要である。

第 1 回である今回は、診断編に記載されている診断フローチャートについて解説する。

診断


貧血
貧血の評価は、機械で測定したヘマトクリット(Ht)、またはHt管を遠心分離して算出するPCV(packed cell volume)で行う。赤血球の自己凝集がある場合、機械が算出するHt値の信頼性が低くなる恐れがあるため、PCVの方が正確かもしれない。IMHA罹患犬の約 30%は初診時に赤血球の再生像(網状赤血球数)が認められなかったとする報告があるため、再生像がないからと言ってIMHAは除外できない。

赤血球に対する免疫反応を示す所見
貧血が確認できたら、赤血球に対する免疫反応を示すバイオマーカーの評価が次のステップである。IMHA診断フローチャートでは、球状赤血球(犬のみ)、赤血球の自己凝集像、直接クームス試験またはフローサイトメトリーの 3 つを主な評価対象としており、2 つ以上の項目を満たせばIMHAを診断する強い根拠となる。また生理食塩水で洗浄後も赤血球自己凝集が持続する場合、この所見単独でIMHAの診断的根拠になると記載されている。

溶血所見
IMHAの診断には、その貧血が溶血を伴っていることを証明する必要がある。溶血を示す所見は複数あるが、フローチャートに記載されている項目のうち1つ以上を満たせば溶血ありと評価できる。

次回は、球状赤血球、赤血球自己凝集像、および直接クームス試験について詳しく解説する予定である。


これまでの連載は下記リンクから見ることができます
https://media.eduone.jp/list/106/114/


おすすめの商品

臨床の選択肢を広げるケーススタディ・マガジン


※VETERINARY BOARD 2020 年 12 月号では、高橋 雅先生監修で「犬と猫の免疫介在性溶結性貧血」の特集を掲載しています。
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 96頁
発行年月日:2020年12月11日


本体価格 4,400円(税込)

森下啓太郎 Keitarou Morishita

略歴
2006 年 3 月:北海道大学 獣医学部 卒業
2006 年 4 月:酪農学園大学附属動物医療センター 内科研
修医
2008 年 4 月:山陽動物医療センター 勤務医
2012 年 4 月:北海道大学 大学院獣医学研究科 附属動物病
院 助教
2017 年 6 月:獣医学博士号取得(北海道大学)
2019 年 10 月:アジア獣医内科学(AiCVIM)設立専門医

こちらの記事もおすすめ