消化管手術で知っておくべき「手技」と「知識」を網羅した書籍
「SURGEON BOOKS 見てわかる小動物の外科手技Ⅱ 消化管」を
2021年4月21日に(株)エデュワードプレスから発刊しました。

監修は多川政弘先生、浅野和之先生、泉澤康晴先生、兼島 孝先生、村中志朗先生、望月 学先生です。

▼詳しくはこちらから
https://eduward.online/lp_surgeonbooks_gastrointestinal_tract

ニュース概要

■書籍の特長
・SURGEONから消化管手術で知っておくべき手技を抜粋し、手術前に必ず確認しておきたい内容を簡潔に解説します。
・手術に最低限必要な情報をコンパクトにまとめているので、手術手技と合わせて必要な知識を確認できます。
・SURGEONでは取り上げられていなかった手術も新しく追加。24項目中7項目の手術手技を新たに追加し、消化管の手術を網羅した手引書です。

■監修
多川政弘先生、浅野和之先生、泉澤康晴先生、兼島 孝先生、村中志朗先生、望月 学先生

■内容詳細
≪1章:食道≫
1.食道拡張術(バルーン拡張術):亘 敏広先生
2.食道切開術・吻合術:浅野 和之先生

≪2章:胃≫
1.胃切開術:中川 貴之先生
2.胃部分切除術:中川 貴之先生
3.胃腹壁固定術:大石 明広先生
4.腹腔鏡下予防的胃腹壁固定術:吉田 宗則先生
5.幽門形成術:天羽 隆男先生、浅野 和之先生
6.胃十二指腸吻合術(ビルロートⅠ法):天羽 隆男先生、浅野 和之先生
7.胃空腸吻合術(ビルロートⅡ法):浅野 和之先生

≪3章:腸管≫
1.腸管切開術:岡野 昇三先生
2.腸管切除術:関 真美子先生
3.ひも状異物の摘出:藤田 淳先生
4.腸重積(腸々固定術):岡野 昇三先生
5.盲腸切除術:高木 哲先生
6.結腸固定術:岡野 昇三先生
7.結腸端々吻合術:杉山 大樹先生
8.巨大結腸症(結腸亜全摘出術):大崎 智弘先生

≪4章:直腸・肛門≫
1.直腸切除術:高木 哲先生
2.直腸プルスルー法:関 真美子先生
3.人工肛門設置術:入江 なつは先生
4.肛門形成術:木之下 怜平先生

≪5章:内視鏡による検査と手技≫
1.消化管検査:坂井 学先生、阪本 裕美先生
2.異物摘出:阪本 裕美先生、坂井 学先生
3.腫瘍切除:阪本 裕美先生、坂井 学先生


おすすめの商品

消化管手術で知っておくべき手技と知識を完全網羅!

仕様:A4/上製/207頁/オールカラー 
発行年月日:2021年4月21日

本体価格 19,800円(税込)

こちらの記事もおすすめ