生物には生物固有の寿命があり、イヌの年齢をヒトの年齢にあえて換算する必要もないように思えます。しかし、ヒトの年齢に換算することにより、身近にライフプランを計画しやすくする側面もあると考えられます。

飼い主の年齢に重ねることにより、愛犬の老後を考えることもできるのです。また、しつけや栄養管理なども感覚的に実感することもできるでしょう。したがって、これまでもさまざまな方法でイヌの年齢をヒトの年齢に換算してきたのです。

「小~中型犬」と「大型犬」で分けた、換算年齢の計算式について

昔はイヌの年齢に単純に7をかけて計算していました。しかし、イヌの体の大きさで歳をとるスピードが異なることは明らかであり、このような単純なものではないと感じるようになりました。最近では以下のような方法が一般的に用いられているようです。

=============
■小~中型犬の場合:(イヌの年齢+4)×4=人間年齢
(例)10才の小型犬の場合…(10+4)×4=56歳

■大型犬の場合:12+(イヌの年齢‐1)×7=人間年齢
(例)10才の大型犬の場合… 12+(10−1)×7=75歳
=============

この計算式を用いて計算した換算年齢を下の表1で示しています。一般的に「大型犬は小型犬より寿命が短い」といわれていますが、表1のように成長スピードが異なることに理由があるようです。


【図表引用元】https://dog.benesse.ne.jp/lovedog/content/?id=15897