■550万円を目標に、本日2023年6月1日(木)から7月28日(金)まで支援を募ります。
(プロジェクトURL:https://readyfor.jp/projects/jwc2

施設には、人に起因する事故による傷病野生鳥獣たちが多く運ばれてきます。資金のほとんどは動物たちの日々の治療費や餌代、施設の維持費などに費やされてしまい、大きな修繕工事等の費用はどうしても工面できないのが現状です。この課題をクラウドファンディングで解決し、救える命を増やしていきます。

【クラウドファンディングプロジェクト概要】

■<傷付いた野生動物達を救う。運動場を増設し適切なリハビリケアの実現へ>
URL:https://readyfor.jp/projects/jwc2
目標金額:550万円
募集期間:2023年6月1日(木)~7月28日(金)23時  57日間
資金使途:老朽化したウッドデッキの修繕・拡張、傷病野生動物の隔離部屋設置費など
形式:通常型 / All or Nothing形式
※All or Nothing形式は、期間内に集まった支援総額が目標金額に到達した場合にのみ、実行者が支援金を受け取れる仕組みです。

■リターン:3,000円~500,000円まで計12コース
<デザインTシャツコース>
<絵本と動画でJWCを学べるコース>など。

■NPO法人ジャパンワイルドライフセンター(JWC)とは?
動物病院と連携し、活動に賛同して下さる方からのご寄付や会費を元に、傷病野生鳥獣のリリースまでの飼養・治療・リハビリ等のサポートや、野生動物に関する情報の啓蒙・普及活動を行っている団体です。1988年に活動を開始し、約35年間で1,000頭近くの傷病野生動物を救護し、自然の中へと帰すための活動を続けて参りました。
主に人に起因する事故で搬送されてくることが多い野生動物たちの病状は、外傷からの感染症や内的疾患などさまざまです。ホンドタヌキやトビ、フクロウ、ヒヨドリ、カルガモなど、日々多くの野生動物の命と向き合い、それぞれ個体と症状に合わせて適切な治療やリハビリを365日体制で行っています。
SDGsでも生物多様性が重視される中、野生動物も駆除管理にとどまらず、せめて人為的な事故で傷付いた命を救いたい、という想いをきっかけにして、自然環境や生き物たちを知ることにより、本当の意味での共存の一歩となることを願っています。

■関連動画
<団体紹介動画URL>
https://youtu.be/pL4yo1FLQfc


<動物系YouTuberアニマルハウスユーキ×JWC>
https://youtu.be/rQTUvj9WqEg


<クラウドファンディング紹介動画URL>
https://youtu.be/YtFG69n-Guo



こちらの記事もおすすめ