『株式会社topet (トペット)』(東京都杉並区、代表取締役 高山 裕紀) は、弊社サービス「あなたの愛犬だけのサプリ」の体調分析システムをご利用されたデータ(※)に基づき、飼い主が愛犬にケアしたい項目を犬の年齢や品種別にまとめた結果を公開いたします。

より詳細な情報は下記から閲覧頂けます。
https://column.topet.jp/dog/202301-report/

※ 1,555頭の犬のデータ(取得期間:2021年9月23日〜2022年12月31日)、15項目(腸内、口腔、痒み、被毛、瞳、関節、体力、減量、認知機能、肝臓、腎臓、心臓、腫瘍、糖尿病、目元)から愛犬のケアしたい項目を選択(複数回答可)

ニュース概要

■飼い主がケアしたい項目<全体の統計>
《調査結果》


飼い主がケアしたい項目<全体の統計>では「約5人に1人が痒み、口腔ケアを意識」していることがわかりました。これら上位2項目は全体15項目の中でも、「痒がる」「口臭がする」など普段の仕草や症状として飼い主が気がつきやすい項目と言えます。続いて「腸内」「関節」「瞳」がそれぞれ全体の10%弱と、これらも飼い主が気がつきやすい項目が上位を占めました。


(対象:4,450回答 / 0〜21歳)


■飼い主がケアしたい項目<項目間の統計>
《調査結果》


近年、愛犬に対して複数の項目に対してケアをしたいという飼い主様が増えてきました。そのため、飼い主がケアしたい項目<項目間の統計>では、項目間の選択に傾向があるのかをまとめました。例えば、瞳ケア(緑内障や白内障など)を意識している飼い主は目元のケア(流涙症など) も意識しやすいなど、それぞれの項目間の傾向分析を行なっています。


<痒みを意識している飼い主>


(対象:2,147回答 / 0〜20歳)


<口腔を意識している飼い主>


(対象:2,205回答 / 0〜19歳)