メディア事業・通信販売事業を新規展開する株式会社totonou(本社:東京都港区、代表取締役:本多辰好)は、犬の飼い主を対象に、「ペット(犬)のサプリメント利用率」に関する調査を実施しました。
※プレスリリース内容を引用する場合、以下の対応をお願いします。
・引用元が「ペットメディアPetanによる調査」である旨の記載
・Petan該当記事(https://petan.jp/survey_supplement)へのリンク設置

株式会社totonouでは、フード・おやつ・サプリメント・ベッドなどのペット商品を企画・開発中です。ペット商品の企画開発にあたって、同社の運営するペットメディアPetanと合同で犬の飼い主を対象とした調査を行いました。

今回は「犬をメインで世話していてフードやおやつなどの購入に決定権がある」と回答した人90人に対して実施したアンケートで犬のサプリメントについての質問を行い、犬のサプリメント利用率と予防意識の背景にある事情、飼い主のニーズなどを調査しました。

ニュース概要

■調査概要
調査概要:「犬の健康に関するアンケート」
【調査期間】2022/10/26~2022/11/7
【調査方法】インターネット調査
【調査人数】「犬をメインで世話していてフードやおやつなどの購入に決定権がある」と回答した人90人
【調査対象】事前調査(サンプル数1,000)で「犬を飼っている」と回答した人(130人)のうち、「犬をメインで世話していてフードやおやつなどの購入に決定権がある」と回答した人(90人)
【モニター提供元】Freaasy

犬のサプリメント利用率はなんと約45%。「与えたいと思う」飼い主を入れると60%に!
「犬にサプリメントを与えていますか?」という質問をしたところ、「犬をメインで世話していてフードやおやつなどの購入に決定権がある」と回答した90人のうち、約45%(40人)の方が犬にサプリメントを与えていると回答しました。


さらに利用意向まで含めると、60%近く(53人)の方が与えたいと回答。


《日本人とアメリカ人のサプリメント利用率は?医療費の違いが背景に》
日本人のサプリメント利用率は男性21.7%、女性28.3%というデータ(※1)が厚生労働省の調査から出ています。日本においては犬の方がサプリメント利用率が高いということになります。
ちなみに、アメリカ人のサプリメント利用率は77%というデータ(※2)が出ています。アメリカはサプリメント大国と言われるほど、サプリメントの普及が進んでいる国です。その背景には、医療費の高さがあると考えられます。日本とアメリカでサプリメント利用率に大きな差があるのは、医療費の差からくる予防意識の違いが背景にあるのではないかと推測されます。

《では、日本の人間と犬の医療費の違いは?》
まず前提として、日本では犬(ペット)には人間のような健康保険制度はありません。基本的に診療費の全額を飼い主が自己負担することになっています。入院・手術など、場合によってはかなり高額の医療費となります。
アメリカ人のサプリメント利用率が高いように、犬のサプリメント利用率が高い背景には「医療費への金銭的不安から予防意識が高い」ということがあるように思います。

《犬にサプリメントを与え始めたきっかけは「予防」が80%以上》
実際に愛犬にサプリメントを与えている飼い主さんに対して、きっかけ・理由を聞いたところ、「気になる病気や症状があり予防のために自主的に与え始めた」が42.5%、「気になる病気や症状はないが予防のために自主的に与
え始めた」が40.0%と、80%以上が予防のために自主的に与え始めたと回答しました。


《犬のサプリメントに求める効果は、金銭的リスクと相関している?》
では、飼い主さんはどのような部位・症状の予防を考えているのでしょうか?


最もニーズが大きかったのは、「免疫力」49.1%、「胃腸」45.5%、「関節」38.2%の3つでした。
一方で人間でいうところの美容目的に近い「毛艶」「皮膚」「アンチエイジング」は20~35%程度と、ニーズはあるものの優先的ではないといった印象です。
こう見ると、部位・症状別のニーズの大きさは、何かあった際の医療費の高さと相関しているように思います。

《犬に与えたいと思うサプリメントの具体的な種類や成分は、ニーズと認知度が関係している》
犬に与えている・与えたいと思うサプリメントの具体的な種類や成分も聞いてみました。飼い主さんのニーズに加えて、種類・成分自体の認知度に比例しているようです。


例えば、「グルコサミン」「コンドロイチン」などは関節にいい成分として認知度もニーズも高かった結果、選択した飼い主さんが多かったのだと思います。「アンチノール」(商品名)、「緑イ貝」(原料名)も関節にいいサプリメント・原料ではありますが、一般的な認知度が「グルコサミン」や「コンドロイチン」ほど高くなかったために選択した飼い主さんが比較的少なかったのではないかと考えられます。

「乳酸菌」も胃腸にいい成分として認知度が高く、多くの飼い主さんが選択しました。ただ、人間の胃腸にとっていい乳酸菌と、犬の胃腸にとっていい乳酸菌は別物という説もあります。実際のところは、犬にとっての乳酸菌に関してはまだ十分に研究が進んでおらず未解明の部分も大きいようです。