ONCOLOGYの人気特集!「腫瘍別プロトコル解説集」のアップデート版がついに登場!
前号(No.36)「犬の腫瘍別プロトコル解説集」に続いて、本号(No.37)では猫における抗がん薬のプロトコル集を徹底特集します!
スペシャリストがどのように薬剤を選択し、実際にどのプロトコルを治療に用いているのかを腫瘍別にアップデートして解説します。
ぜひ、前号「犬の腫瘍別プロトコル解説集」とあわせて、ご活用ください!

猫における抗がん薬について詳しく記載された成書はなく、苦労されている先生も多いのではないでしょうか。
犬の化学療法の情報を参考に猫に応用することも多いですが、実際には犬と猫では用量の異なる薬剤があるなど、単純に外挿するというわけにはいかないことも多いのが現状です。
本特集では、腫瘍内科学の分野で臨床現場の第一線で活躍されている著名な先生方にそれぞれの“レシピ”を解説いただきました。犬と異なり猫では化学療法の成績を報告する文献も少なく、エビデンスに基づいた解説だけでは情報が不十分であるため、先生方の経験に基づく「現在はこうしている」といった内容にまで踏み込んでご執筆いただいています。
猫の腫瘍診療のひとつの指標として、若手からベテランまですべての獣医師にとってお役立ていただける1冊となっています。

プロトコルに使われるのではなく、プロトコルを使いこなせるようになることを目標に、患者を第一に診て治療にあたることが肝要です。
本特集をレシピ本として活用するだけではなく、化学療法・腫瘍内科学をより深く理解するためのきっかけとしてお役立てください。


<VETERINARY ONCOLOGY(2023年1月号)>
▼ 詳しい商品内容やご注文はこちらから
https://bit.ly/3HhNeZr
▼ お得な定期購読のご注文はこちら
https://eduward.online/products/detail/7

特集詳細

【特集】
猫の腫瘍別プロトコル解説集
抗がん薬の組み合わせを理解する!

■監修にあたって/細谷謙次
■リンパ腫(高悪性度,鼻腔以外)/大参亜紀
■鼻腔リンパ腫/藤原亜紀
■リンパ腫(低悪性度消化器型)/佐藤慶太,瀬戸口明日香
■リンパ腫(レスキュー療法)/阪本恵美,富安博隆
■急性骨髄性白血病/諏訪晃久,下田哲也
■骨髄異形性症候群/諏訪晃久,下田哲也
■肥満細胞腫/村上景子
■多発性骨髄腫を含む形質細胞増殖性腫瘍/村上景子
■鼻腔腺癌/藤原亜紀
■猫注射部位肉腫/古澤 悠
■血管肉腫 ・ 骨肉腫/中野優子
■原発性肺腫瘍/一萬田正直,原田 慶
■乳腺腫瘍/米地若菜
■口腔内扁平上皮癌/出口辰弥
■鼻鏡・耳介の扁平上皮癌/一萬田正直先,小林哲也
■コラム: 抗がん薬の感受性~猫と抗がん薬のよりよい相性を求めて/臼井達哉, 山本 晴,呰上大吾
■猫の腫瘍:カラーアトラス/ VETERINARY ONCOLOGY 編集委員


おすすめの商品

小動物腫瘍科専門誌
※販売状況により、売り切れとなる場合がございます。あらかじめご了承ください。
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 134頁
発行年月日:2023年1月25日


本体価格 7,150円(税込)

こちらの記事もおすすめ