SA Medicine12月号では「鎮静薬」を特集します!
本特集では、一般的に使用される薬剤の見直し・アップデートのため、薬剤の作用機序や副作用、類似薬の違い、その薬剤で重要なポイントなどを、イラストや図表を用いてわかりやすく解説!症例の病態に応じた治療に役立つ特集となっています。
ㅤㅤ
犬および猫の診療では、その気質により鎮静処置が必要となることがありますが、残念ながら安心・安全な麻酔薬や麻酔法は存在しません。また、「全身麻酔よりも鎮静処置のほうが簡単で負担も少なく安全」という考えは大きな間違いです。したがって、生体反応の生理学および麻酔薬の薬理学の知識ならびに経験が豊富な獣医師であることが、鎮静処置を行う際の安心・安全に寄与できる唯一の条件となります。
そこで本特集では、各薬剤の特性と、それらの併用方法について丁寧に解説!各薬剤の使用におけるエビデンスを知りたい先生や、薬剤の最新の知見に興味のある先生には必見の内容です!

▼ 詳しい商品内容やご注文はこちら
https://bit.ly/3OHM5wD
▼ お得な定期購読のご注文はこちら
https://eduward.online/products/detail/6

特集詳細

【特集】
鎮静薬
監修 伊丹貴晴
・鎮静処置とは/伊丹貴晴
・フェノチアジン(アセプロマジン)/大山紀彦
・ベンゾジアゼピン(ジアゼパム,ミダゾラム)/松方聡,塗木貴臣
・ブトルファノール/弘川拓
・メデトミジン,デクスメデトミジン/神田鉄平
・プロポフォール/飯塚智也
・アルファキサロン/田村純
・ケタミン/伊丹貴晴
来院前に犬・猫に飲ませる鎮静薬/伊丹貴晴
・鎮静薬の併用使用について/加藤桂子


おすすめの商品

小動物内科専門誌 隔月刊「SA Medicine」
※販売状況により、売り切れとなる場合がございます。あらかじめご了承ください。
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 100頁 隔月刊(偶数月発行)
発行年月日:2022年12月1日


本体価格 4,505円(税込)

こちらの記事もおすすめ