こんにちは、エデュワードプレス求人事務局です。
当コラムでは、動物病院の運営・求人・採用のサポートに関する内容をお届けしてまいります。
(Hippo-Works Facebook等でご紹介した記事も含みます)

毎年10月に最低賃金の改定がおこなわれます。特にアルバイトやパートさんなど、時給で求人を掲載している動物病院様や企業様は、給与額に注意して適宜求人情報の見直しをおこないましょう。
今回は、2022年(令和4年)10月から引き上げられる最低賃金の歴史的経緯や、改定によって関わる賃金や手当についてご紹介いたします。

◆2022年(令和4年)の改正にあたって

本年の最低賃金改定による金額の引き上げは過去最大の31円アップとなり、2021年時には930円であった全国の加重平均額は961円となります。


ちなみに全国の加重平均額は、
10年前の2012年は、749円
20年前の2002年は、663円
でした。

一番高いとされる東京都は、この5年のうちに、令和2年度のみ据え置きだったものの、114円引き上げられ、1,000円第に突入しています。