これからの獣医療はどうなっていくのか。
そして、獣医師は今後どのように学んでいくべきなのか。

インタビューシリーズ「獣医療のミライ」では、
各分野で活躍する新進気鋭のスペシャリストたちに、
研究や臨床から得た経験をもとにした
未来へのビジョンや見解を語っていただきます。

第9回はTRVA夜間救急動物医療センター 院長の塗木貴臣先生です。

小動物臨床と学びの魅力に気付く
命を救う道の模索から外の世界へ

―― 先生が獣医師を目指されたきっかけを教えてください。

父が競走馬の獣医師だったので、「動物を治す」という仕事が身近な環境で育った影響が、一番大きいと思います。子供の頃から自然と、将来の職業の選択肢の中に入っていた感じでしょうか。実家では犬をずっと飼っていたので動物に親しみもありましたし、父の姿をみて育つことで、「獣医師になれたらいいな」と漠然と考えるようになっていました。

―― お父様の後を継いで、大動物をみる獣医師になろうとお考えにならなかったのでしょうか?

大学時代は父の後を継ぐだろうなという思いがあり、大動物実習を選びました。しかし、学生時代は勉強があまり好きなタイプではなくて(笑)。バスケットボールと軽音のサークル活動、アルバイトに夢中でした。同級生の助けもあって大学の試験はクリアできていたものの、実は、獣医師国家試験に落ちてしまったんです。それで、「再受験まで 1 年間、何も予定がなくなってしまう。どうしよう?」と困りまして……。国試の結果発表の翌日、同級生に藤田道郎先生を紹介してもらい、「動物医療センターで診療のお手伝いをさせてください」とお願いに行きました。

―― その経験から、小動物臨床の道に目覚めたというわけですね。

はい。国試の勉強を本格的に始めるまで、週に 2 回のペースでお手伝いをさせてもらっていました。藤田先生をはじめ、動物医療センターの先生方が温かく丁寧に指導してくださったおかげで、スムーズに小動物臨床の世界に親しんでいけたと思います。
それに、問診から検査、診断、治療まで、大学の授業では文字として学んだ内容が、動物医療センターでは実際の動物で起こっているというところが、すごく頭に入りやすく感じました。しかも、症例ごとに病状が違いますから、教科書通りにはいかない。そこが面白く思えて、大学の図書館に通い詰め、出会った症例の疾患について基礎から徹底的に、納得するまで調べ尽くしていきました。その繰り返しで理解が深められると、小動物臨床により一層、興味をもつようになっていったんです。

―― 臨床のキャリアの最初の数年間は、一次診療施設に勤めておられたそうですね。

地元(埼玉県大宮市)にある一次診療の動物病院に 1 年半ほど勤めた後、都内の動物病院に約 2 年間勤めました。最初の病院では 1 年目からさまざまな診療経験を積ませていただきましたし、特に同期の獣医師は勉強熱心な先生ばかり。勉強するのが当たり前に思える環境にあり、「勉強することが、臨床医としての仕事の質を高めるのに直結しているんだ」と学べたのだと思います。

―― 先生が今、携わっておられる夜間救急は、獣医療の中でも少し特殊な世界かと思います。夜間救急の道に進まれた経緯を教えてください。

2 件目の病院は、慢性疾患の治療や予防が主体で、ある程度、疾患ごとの診療のパターンもつかめるようになっていました。しかし、次第に焦燥感を抱えるようになっていたんです。診療の後、「その症例のために、もっとやれることがあったのでは」と、自問自答を繰り返すようになっていました。今思えば、自分の能力がないからできなくて、歯がゆかったのだと分かりますが、その頃はただ、苦しかった。それで、「このままもがき苦しみ続けるくらいなら、一度、外の世界に出て、疑問を突き詰めたい。そこに答えがあるんじゃないか」と考え、次の道を探すことに決めました。
次の勤め先を探して、関東近郊の大きめの一次診療、大学など二次診療施設、夜間救急の病院を調べて、見学に行った中の 1 つがTRVAでした。仲がよい先輩や同級生がTRVAに勤めていたのがきっかけにはなりましたが、何よりも、中村篤史先生が作った「チームで問題を解決する」というTRVAの空気感が、すごく私の性にも合ったんだと思います。