SURGEON 2022年9月号では、「主な整形外科疾患治療法のピットフォール/ 術後合併症とリカバリー方法(前編)」を特集します。

整形外科治療が進化発展する一方、正しく評価/診断されずに無処置のまま放置されたり、不適切な手術治療を受け合併症が生じている症例も少なくありません。
SURGEON2022年9月号では、現場で陥りやすい落とし穴や生じやすい合併症、それらに対するリカバリー法について特集!
本号(155号)と 2023 年1月号(157号)の2号にわたってお届けいたします!

<SURGEON 2022年9月号>
▼ 詳しい商品内容やご注文はこちら
https://bit.ly/3DqtPnP
▼ お得な定期購読のご注文はこちら
https://eduward.online/products/detail/3

特集詳細

主な整形外科疾患治療法のピットフォール/ 術後合併症とリカバリー方法(前編)
監修:泉澤康晴
●巻頭言/泉澤康晴
●プレート法とスクリュー法のピットフォールと対策/山口 力
●髄内ピン法/K- ワイヤー骨片固定法/サークラージワイヤー法のピットフォール/戸次辰郎
●肩関節不安定症・脱臼におけるピットフォール/小林 聡
●股関節脱臼治療におけるピットフォール~合併症と対処法~/枝村一弥


おすすめの商品

小動物外科専門誌 隔月刊「SURGEON」
※販売状況により、売り切れとなる場合がございます。あらかじめご了承ください。
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判112頁
発行年月日:2022年9月20日


本体価格 7,543円(税込)

こちらの記事もおすすめ