みなさん、こんにちは!
東京都葛飾区で開業している獣医師の進藤と申します。

私が運営している病院は、エキゾチックアニマルの専門病院です。
当院には犬・猫はまったく来院しません。
狂犬病予防接種やフィラリア予防もないので、春の繁忙期もありません(これはよいことなのでしょうか??)。

一般的な動物病院で働く獣医師の皆さんの目には、当院のような専門病院の日常は新鮮にうつると思います。
本連載では、エキゾチックアニマル専門病院での日常を少しずつ紹介していきたいと思います。

こんなハムスターをどう診断する?

ジャンガリアンハムスターが来院しました。
主訴は突然顔にできものができたとのことです。


図 来院したジャンガリアンハムスター
口唇にやや赤色の構造物が認められます。


できものを主訴に来院するハムスターは日常的に遭遇します。
体表に形成されるもので膿瘍や腫瘍は非常に多く、また一般状態が悪くない症例も珍しくなく、疾患の鑑別が重要です。

本症例は「痒がっている」という稟告も聴取されました。


あなたの考える鑑別疾患は何でしょうか?