公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン(東京都港区、会長:末吉竹二郎、以下「WWFジャパン」)は、井の頭自然文化園、上野動物園、京都市動物園、那須どうぶつ王国(五十音順)の4園の協力のもと、野生動物のペット利用に潜む絶滅・密猟や密輸・感染症・動物福祉・外来種のリスク(以下、「5つのリスク」)の認知を高め、野生動物“ペット化”の見直しを訴えるキャンペーンを開始します。2022年8月9日(火)より順次、6種類の動物において、野生の生態や習性、それに伴うペットとしての飼育の難しさ、そして5つのリスクをまとめた動画コンテンツ「飼育員さんだけが知ってる あのペットのウラのカオ」を公開します。

ニュース概要

■背景にある「野生動物ペット利用」の増加と5つのリスク
日本は、世界有数の野生動物ペット市場を保有しています。2021年のペット利用される野生動物(※1)の輸入頭数は推定40万頭を上回り、近年増加傾向にあります。犬猫以外の動物販売業の営業所数も年々増加し、2021年には5,413事業にものぼります(※2)。WWFジャパンが2021年2月に実施した、15歳~79歳の1,000人を対象にした意識調査(※3)によると6人に1人(17%)がエキゾチックペット(ウサギやハムスターなどペットとして家畜化されている小動物はここに含まれていない)を「飼ってみたい」と回答したことが明らかになりました。一方で、こうしたペット飼育に5つのリスクがあることを68%が「良く知らない」と回答しました。

・5つのリスク
<絶滅>
IUCN のレッドリスト掲載動物(約85,000 種)の20%が絶滅危機種(CR,EN,VU)に指定され、そのうち11%でペット・展示利用が確認されています(2022年6月現在)(※4)。
(例)コツメカワウソは、過去30年間で、個体数は30%以上も減少。現在IUCNのレッドリスト危急種(VU)に指定されています。
<密猟・密輸>
2007 ~2018 年に合計78 件、1,161 匹の動物が、日本向けの密輸として税関で発見されました。
(例)スローロリスは、2007年〜2018年の12年間で119頭が日本向けの密輸として税関で発見されました。
<感染症>
野生動物は、様々な「動物由来感染症(人獣共通感染症)」の病原体を保有している可能性があります。
<動物福祉>
動物福祉の指標である、飢えと渇き、不快、痛み・傷害・病気、恐怖や抑圧、正常な行動を表現の「5つ自由」(※5)を実現するのは極めて困難です。
<外来生物>
アライグマやグリーンアノールなど、ペット目的で動物が野外に遺棄され、在来種やその土地固有の生態系に悪影響を与える事例が多発しています。

■キャンペーン概要について


キャンペーンサイト:https://www.wwf.or.jp/campaign/uranokao/

WWFジャパンは、動物園(井の頭自然文化園、上野動物園、京都市動物園、那須どうぶつ王国)の協力のもと、動画コンテンツ「飼育員さんだけが知ってる あのペットのウラのカオ」を制作しました。動物の愛くるしい姿は、ときに癒しを与えてくれますが、一方ですべての動物がペットに向いているわけではありません。野生動物の”ペット化”の見直しを訴えるキャンペーンのコンテンツとして公開する本動画は、動物園の飼育員さんが、野生の生態や習性、それに伴うペットとしての飼育の難しさを解説します。さらに野生動物のペット飼育に伴う5つのリスクを伝えます。8月9日(火)から、6種類の動物(コツメカワウソ、ショウガラゴ、スローロリス、フェネック、コモンマーモセット、スナネコ)の“ウラのカオ”の動画を、順次公開していきます。
<6種類の動物>
・コツメカワウソ


©Gerald S. Cubitt / WWF
撮影協力:上野動物園  動画公開日:8月9日

・ショウガラゴ


© Martin Harvey / WWF
撮影協力:京都市動物園  動画公開日:8月16日

・スローロリス


© Mikaail Kavanagh / WWF
撮影協力:京都市動物園  動画公開日:8月23日

・フェネック