as 8月号では、
● 第1特集『犬と猫の臨床動物看護ガイド 第29回 咳嗽「咳をするようになった」~僧帽弁閉鎖不全症に対する動物看護~』
● 第2特集『総復習シリーズ 現役動物看護師のための as国試対策ゼミ 第17回 心雑音、不整脈、血圧異常』
● 第3特集『目指せ合格! as国試勉強クエスト 第5回 科目ごとのポイント 形態機能学編』
などなど、動物看護師の皆さんが現場で使える・役立つ情報が満載です!

詳細はこちらから▼
https://bit.ly/3vG4T7a
定期購読はこちらから▼
https://eduward.online/products/detail/11

内容の詳細

<第1特集>
『犬と猫の臨床動物看護ガイド 第29回 咳嗽「咳をするようになった」~僧帽弁閉鎖不全症に対する動物看護~』
 一次診療の現場で咳(咳嗽)は日常的に出会う主訴の1つです。咳嗽の原因は呼吸器疾患や心疾患など多岐にわたります。来院時の動物の呼吸状態を確認し、苦しそう(努力性呼吸をしている)と感じたら、獣医師に確認し問診や診察を行う前に酸素室へ誘導する必要があります。今回は僧帽弁閉鎖不全症に着目し、咳嗽が主訴で来院した動物の問診のポイントや重症度の推測について解説します。
本特集で、僧帽弁閉鎖不全症の病態を理解し、明日からの問診や動物看護に活かしていきましょう!


<第2特集>
『総復習シリーズ 現役動物看護師のための as国試対策ゼミ 第17回 心雑音、不整脈、血圧異常』
“働きながらの勉強”をサポートする学び直しゼミ!
第17回目のテーマは心雑音、不整脈、血圧異常です。
動物の心疾患において、触診や聴診といった五感を使った検査や心電図検査、そして血圧測定などで検出できる代表的な徴候として、心雑音、不整脈、血圧異常などがあります。
本稿で学習した内容を知識としてだけではなく、日々の診療に実践、応用していくことが大切です!


<第3特集>
『目指せ合格! as国試勉強クエスト 第5回 科目ごとのポイント形態機能学編』
本企画では、第1回 愛玩動物看護師国家試験受験に向けた学習のヒントを解説&まとめていきます。ぜひ日々の勉強にお役立てください!



おすすめの商品

“現場で使って覚える”動物看護師のバイブル
※販売状況により、売り切れとなる場合がございます。あらかじめご了承ください。
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 72頁
発行年月日:2022年8月10日


本体価格 2,200円(税込)

こちらの記事もおすすめ