株式会社一条工務店(代表取締役社長:岩田直樹)は、全国の犬や猫を飼っている男女561名を対象に、「コロナ禍3度目の夏 犬・猫との暮らしに関する意識調査」を実施。コロナ禍における犬・猫の熱中症対策や家での暮らしについての状況を調査いたしました。

ニュース概要

■「コロナ禍3度目の夏 犬・猫との暮らしに関する意識調査」サマリー
〇夏の時期、犬・猫の熱中症を疑ったことがある人は約4割。
 約97%の人が熱中症対策を行っていることが判明。対策の1位は「冷房をつける」。
〇コロナ禍になってから犬・猫を飼い始めた、増やした人は約3割。
 理由として「たまたま」が1位も、2位以下はコロナの影響が感じられる結果に。
〇犬・猫を飼う前と後で、家族とコミュニケーションが増えた人は7割以上。
 家族間の会話の半分以上が犬・猫に関してという人が約4割。
〇犬・猫についてSNSで発信している人は約5割。そのうち犬・猫専用のアカウントを持っている人は約4割。
〇犬・猫が人間の言葉や想いを理解していると思う人は約97%。
 また、約7割の人は犬・猫が人間の言葉を話していると感じると回答。
〇配偶者・パートナーと同居する人のうち、犬・猫が自身になついていると回答した割合は男性では約3割だった
 のに対し、女性では半数以上を占める。
〇犬・猫との暮らしで困ることの1位は「長時間留守にできない」。
〇犬・猫のためにリフォームしたい、もしくは新築の際に取り入れたいものや設備の1位は「滑らない床」。


《犬・猫の熱中症について》
犬・猫の熱中症を疑ったことがある人は約4割。対策を行っている人は約97%

犬・猫を飼っている561名に「夏の時期、犬や猫が熱中症になっている可能性があると思ったことがありますか」と尋ねたところ、約4割の人が「はい」と回答しました。(図1)


また、犬・猫の熱中症対策として何かしていることがあるか複数選択で回答してもらったところ、1位は「冷房をつける」で、2位以下は「直接日光が当たらないようにする」、「水分を多くとらせる」と続きました。約3%の人が「特に対策をしていない」と回答し、自身のペットのために、何かしらの対策を行っている人は約97%いることがわかりました。(図2)


《コロナ禍での犬・猫との関わり》
コロナ禍になってから犬・猫を飼い始めた、もしくは増やした人は約3割。理由として「たまたま」が1位も、2位以下はコロナの影響が感じられる結果に。


「コロナ禍になってから犬または猫を飼い始めましたか。または増やしましたか」という問いに対して、「はい」と回答した方は約3割でした。(図3)


「コロナ禍になってから犬・猫を飼い始めた、または増やした理由は何ですか(複数選択)」という設問では、「たまたまそのタイミングだったから」が1位も、2位の「癒しが欲しかったから」の回答以下は、少なからずコロナの影響が感じられる結果となりました。(図4)


《犬・猫との暮らし》
犬・猫を飼う前と後で、家族とコミュニケーションが増えた人は7割以上。
家族間での会話のうち、犬・猫に関する話題の割合は3~4割が最多。


「犬や猫を飼う前と後で、家族とのコミュニケーションは増えましたか」という問いには、「増えた」と回答した人が最も多く、「とても増えた」と回答した33.5%と合わせると、7割以上の人が家族のコミュニケーションが増えたことがわかりました。(図5)