当コラムでは、獣医療現場で働く人のために、就職活動に関する内容をお届けしてまいります。
(Hippo-Works Facebook等でご紹介した記事も含みます)

みなさんは、求人情報を見るときにどこを見ていますか?
仕事内容はもちろん、自宅からの距離、職場の雰囲気、給料や勤務時間など、今までにアルバイトをしたことがある人ならば働くときのイメージを描いていろいろと悩まれた経験があると思います。

この記事では、入社後に後悔しないために求人情報を見るうえでおさえておきたいポイントをご紹介します。

求人情報の見方!

■雇用形態
一般的に、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト・パート等があります。
正社員は無期雇用、契約社員は有期雇用とされていますが、この「正社員」「契約社員」とは法律で定義された用語ではありません。そのため、単に雇用形態の違いによって退職金や賞与が出る出ないという違いはありません。会社規定によって異なります。

■試用期間
試用期間の勤務時間や賃金、試用期間の長さについての法定はありませんが、労働契約締結の際に明示しなくてはいけないことが労働基準法によって義務付けられています。

■勤務時間
労働基準法では、1日に8時間、1週間に40時間(法定労働時間)を超えて労働させてはいけないと定められており、これを超えて働くことを残業といいます。
さらに、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、8時間を超える場合は1時間以上の休憩を取ることになってい
ます。

■休日・休暇
休日と休暇は似ているようで別の言葉です。休日は『労働する義務のない日』、休暇は労働義務を免除する日』となっています。
休日は、労働基準法にて、少なくとも毎週1日の休日か、4週間を通じて4日以上の休日がなければなりません。週休2日制、完全週休2日制などがこれにあたります。完全週休2日制は、1週間の中で必ず休日が2日間ありますが、週休2日制は月に1回以上週2日の休日があることで、毎週休日が2日間あるわけではありません。

休暇は、夏季休暇や年末年始休暇などがこれにあたります。会社の福利厚生などによって、休暇の取り方にも規定がありますのでよく確認しましょう。

■給与形態
給与は、時給/日給/月給/年俸などの形態がありますが、いずれの場合も残業代や交通費などの『手当』を含めない基本給がベースになっています。求人票では基本給のみの記載が原則ですが、なかには固定残業代(みなし残業代)を含んでいる場合もあります。


>>次のページでは、「残業」について詳しく紹介していきます!