ニュース概要

株式会社ネコリパブリック(本社所在地:東京都台東区、代表取締役:河瀬麻花)は6月24日(金)15時より、岐阜県飛騨市古川町に開設した保護猫のためのオープンシェルター「SAVE THE CAT HIDA シェルター」のオープニングセレモニーを行います。

「SAVE THE CAT HIDA シェルター」は、日本一猫にやさしい街を目指して飛騨市とネコリパブリックが、ふるさと納税を活用し、産官連携して実施している、猫助けを通したビジネスで地域課題の解決を目指すプロジェクト「SAVE THE CAT HIDA」の一環。保護された猫たちのお世話をし、ずっと一緒に暮らす家族を見つけるためのシェルター施設となります。


シェルターは一口500円以上の寄付金で入場することが可能です。

保護猫たちと触れ合えるオープンシェルターになっているほか、気に入った猫がいれば、審査の上、ずっと一緒に暮らす家族として譲渡を受けられる仕組みも備えています。オープン時は3匹ほどの保護猫が生活していますが、今後、飛騨地域の保護猫が増えていく予定です。


施設内には、「SAVE THE CAT HIDA」の活動を通じてネコリパブリックが飛騨市の事業者様と共同開発した、猫好きにはたまらない商品がずらりと並ぶおみやげショップも。売り上げの収益は保護猫活動へと寄付される仕組みになっており、お買い物を通じて猫助けに貢献することができます。


この施設は「SAVE THE CAT HIDA」の活動拠点にもなっており、今後は飛騨市内で飼養されている猫や野良猫の情報をデータベース化して動物福祉の啓発や多頭飼育崩壊の予防につなげる「猫勢調査」、高齢者の方々に保護猫の「預かりさん」になっていただき、保護猫の様子を確認するためのネコリパスタッフによる巡回型訪問見守りを行い孤立化を防ぐ「高齢者ネコミュニティー事業」、飛騨市内の空き家を改装し海外からのゲストが日本の田舎暮らしや猫との暮らしを体験できるゲストハウスを作る「空き家活用 民泊ならぬにゃん泊事業」といった、地域課題を解決を目指しながら猫助けにつながる様々なビジネスが飛騨市で立ち上がっていきます。私たちはこの活動を通じて、最終的には飛騨市を「日本一猫にやさしい街」にすることを目指しています。

わたしたちはこれからも、この世の全ての猫たちに、お腹いっぱいになる幸せと安心して眠れる場所を提供するため、社会の役に立つさまざまな取り組みを行ってまいります。


※「SAVE THE CAT HIDA シェルター」やオープニングセレモニーについて、地元メディア様の取材も受け付けております。取材をご希望の地元メディア様は、6月24日午前中までに下記までご連絡をお願いいたします。

株式会社ネコリパブリック 広報担当:河瀬・國田・齋藤
電話:080-6322-2993 月ー金 10:00-15:00
メールアドレス:neco@neco-republic.jp


【 施設概要 】
​名称:SAVE THE CAT HIDA シェルター
所在地:岐阜県飛騨市古川町金森町15-36(オープニングセレモニーも同所で行います)
電話番号:080-6322-2993
メールアドレス:neco-hida@neco-republic.jp

【 オープニングセレモニー 式次第 】
15:00 開会
15:02 ネコリパブリック代表 河瀬 麻花 あいさつ
15:05 来賓挨拶 都竹淳也飛騨市長
15:08 来賓挨拶 澤史郎飛騨市議会議長

15:10 来賓紹介
15:13 SAVE THE CAT HIDA 事業についてのご説明(河瀬 麻花)
15:20 テープカット
15:25 シェルター内覧
15:50 記念撮影
16:00 終了

SAVE THE CAT HIDAプロジェクトは、5カ年計画のプロジェクトで、ふるさと納税活用型ソーシャルビジネス支援事業として飛騨市に採択された事業です。

事業の資金源は、飛騨市に集まるふるさと納税で、使用目的を、「猫の殺処分ゼロを飛騨市から目指す」を選択された寄付が財源となっています。




現在も、ふるさとチョイスにて、ふるさと納税ガバメントクラウドファンディングを実施中で2年目以降の寄付を集めています。https://www.furusato-tax.jp/gcf/1701


<参考URL>
ネコリパブリック公式サイト
https://www.neco-republic.jp/



ふるさとチョイス ガバメントクラウドファンディング

https://www.furusato-tax.jp/gcf/1701


こちらの記事もおすすめ