株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「動物用ワークステーションの世界市場:動物タイプ別(大型、小型)、用途別(獣医、ヒト用研究)、エンドユーザー別、機器タイプ別、技術別の市場規模、シェアおよび動向分析、セグメント別予測(2022年~2030年)」(Grand View Research, Inc.)の販売を1月25日より開始いたしました。

ニュース概要

動物用ワークステーションの市場規模は、2021年に18億米ドルに達し、2022年から2030年にかけてCAGR5.6%で成長すると予測されています。動物の健康に関連する研究活動の活発化や技術の進歩が市場の成長を後押ししています。さらに、人間の健康に関する研究活動での動物用ワークステーションの使用が増加していることも、市場の成長を促進すると予想されます。Understanding Animal Research社のレポートによると、研究目的での動物使用量は2005年から2019年にかけて約40%増加しています。COVID-19のパンデミック時には、ウイルスの研究だけでなく、予防・診断・治療法の開発を目的とした研究活動が行われていました。

さらに、動物用ワークステーションは、汚染の防止のために使用され、臨床研究用動物を扱う際の環境やオペレーターの保護にもなります。そのため、COVID-19が市場に与える影響は中立的なものでした。動物用ワークステーションは、バクテリア、ウイルス、寄生虫、真菌、毒素、有害物質、麻酔ガス、アレルゲン、身体的傷害などからオペレータを保護するのに役立ち、動物病院や研究・学術機関での製品需要が増加しています。

さらに、動物病院での手術の需要が増加していることも、市場の成長を後押ししています。最新の手術では、ペットの飼い主は、傷口が小さく、縫合数が少ないなどの利点を持つ高度な低侵襲手術を選ぶことができます。コンパニオンアニマルの増加と動物医療の向上に対する需要の高まりは、獣医外科の需要を増加させる要因となります。

さらに、中国、インド、韓国などの発展途上国における研究活動の活発化も、市場の成長を後押ししています。多くの市場プレーヤーによる戦略的な取り組みの増加が、市場成長を後押しすると考えられます。例えば、2021年1月、Mopec社は実験室の安全性のための消毒および空気浄化システムを発表しました。これらは、「BF1000シリーズUV-C消毒フード」と「BF840H PurePath HEPAシステム」でした。

テクノロジーに関する洞察
動物の外科手術に麻酔を使用することが多いことから、2021年は、麻酔ワークステーションが、57%を超えるシェアで市場を占有しました。さらに、市場関係者による技術の進歩が、このセグメントの成長を後押ししています。

その他のセグメントには、換気装置付きワークステーションと顕微鏡用ワークステーションが含まれます。この分野は、最速のCAGRで成長すると予測されています。これは、市場に参入している大手企業がこれに関わる製品を発売したことに起因しています。

【 無料サンプル 】
当レポートの無料サンプルは、こちらからお申し込みいただけます。
https://www.gii.co.jp/report/grvi1044727-animal-workstations-market-size-share-trends.html

【本件に関するお問合せ先】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
E-mail:dbm@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp

【株式会社グローバルインフォメーション 会社概要】
1995年の創立以来、海外市場調査レポートの販売を通じて企業のグローバル展開を支援しています。世界6カ国に拠点を持ち、海外の提携調査会社250社以上が発行する調査資料約10万点をワンストップでご提供。市場情報販売のグローバル・リーディングカンパニーを目指し、企業ならびに社会の発展に寄与すべく、お客様にとって真に価値ある情報をお届けしています。

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託、国際会議/展示会の代理販売
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:https://www.gii.co.jp
委託調査:https://www.gii.co.jp/custom_research/
国際会議/展示会:https://www.giievent.jp/partnering.shtml


こちらの記事もおすすめ