皆さんは食品を購入する場合、賞味期限や消費期限を確認していると思います。あらゆる食品には消費者の安全性や利便性を高めるために期限表示がなされています。購入者は表示される期限を見て、食べたり廃棄したりしているはずです。一方、全ての医薬品(製剤)も同様に法律に基づいて有効期限を直接の容器に記載することが規定されており、獣医師はその日付をもとに使用しているはずです。また、動物の飼い主も獣医師から受け取った製剤の有効期限について関心を持っていると思います。そこで今回は製剤の有効期限について考えてみたいと思います。

安定性試験のデータは+3カ月を求められる

特定の効能を持つ製剤について国の承認を得る場合、同じ製剤を安定的に生産し供給するため、「規格及び検査方法」を設定する必要があります。内容として先ずは製剤の性状である、大きさ、形状、色などが設定されます。次に製剤の中の有効成分が入っているかを調べる確認試験が設定されます。

不純物は製造の際、または保存中に生成されたり増加する可能性があるので規格値を設定します。製剤中の有効成分が規格値以内かどうかは、適切な定量法を用いて試験します。その他の一般的試験項目としては無菌、pH、浸透圧などがあります。これらの規格に適合しなければ、製造するたびに異なるものが作られることになり、使用者に安全で有効な製剤を供給することができません。

この規格がある条件(ワクチンなら冷蔵庫の温度ですし、その他の一般薬や抗菌薬は室温など製剤ごとに決められています)で製造した時点からどの位の期間維持できるのかを、経時的に定められた「規格及び検査方法」で試験して、有効期限を設定します。この試験を「安定性試験」といって製剤として農林水産省に製造承認申請する場合は必須の試験項目になります。動物用の一般薬の試験には通常の保存温度で実施する長期保存試験と短期の過酷な保存条件(40℃、湿度75%など)で実施する加速試験があります。通常は 3 ロットの製剤を用いて試験し、長期保存試験で希望する有効期間のプラス 3カ月で規格値内であるデータを提出することが求められます。つまり、1 年間の有効期限を欲しい時は、1 年と 3 カ月のデータを提出するのです。よく有効期限を若干超えた製剤を使用してニュース記事になった時など、国が安全性や有効性に問題ありませんと強気でコメントするのは、口先だけで言っているのではなく、実は承認された有効期限以上のデータを持っているからこそ言えるのです。あくまで試験データに基づいた言葉と言えるでしょう。

新薬の承認申請をする場合、最も時間を要するのは安定性試験ですので、製剤の最終形態(アンプルやバイアルビンなど)が決まった段階から安定性試験を開始することになります。通常は 3 年間の有効期間を欲しい場合も、企業としてはできるだけ早期に販売したいために 1 年程度の期間で承認申請を行い暫定的な有効期間を得ます。最終的に安定性試験が終わった段階で、有効期間の事項変更承認申請を行い、最終的な有効期限を得ているのです。

この有効期限は先に述べたように製剤のラベルや外箱に記載されています(図1)。ところで、この有効期限の表示ですが、製剤によって空欄の場合があることをお気づきでしょうか? これは記載を忘れたのでも故意にしているのでも決してありません。国の規制緩和措置により製造企業に 3 年間プラス 3 カ月の安定性試験のデータがあれば、あえて記載しなくても良いとしているためです。3 年間も安定な製剤は基本的に多少の期間を過ぎても変質することは考えられず、通常は 3 年間もあれば全て使用されるはずです。また、販売業者は期限を過ぎて廃棄することを避けるメリットもあるのです。しかし、最近では有効期限が空欄では使用者に混乱を与えることから、企業が自主的に有効期限を積極的に表示することが多くなっています。


図1.動物用医薬品の表示(製造番号と有効期限)
https://chikusannavi.kyoritsuseiyaku.co.jp/useful/55