2020年、米国獣医内科学会(ACVIM)から猫の心筋症の分類・診断・治療に関するコンセンサスステートメントが発表された※1

心筋症は日々の猫の診療においてよく遭遇する疾患である。心筋症に罹患した猫においては、生涯にわたり何も問題が発生しないこともあれば、うっ血性心不全や動脈血栓塞栓症といった重大な問題が発生することもある。

これまで猫の心筋症の分類、診断、治療には、たとえ猫の心臓病の専門家であったとしても「私はこうしている」という点が多く、このことが臨床獣医師を混乱させたり質の高い臨床研究の実施を妨げたりしてきた。

本連載記事では、2020 年にACVIMから発表された「猫の心筋症の分類・診断・治療に関するACVIMコンセンサスステートメント」を 12 回(予定)にわたって翻訳しながら要約する。また、特に重要と思われるポイントに対しては解説を加える。

第 8 回である今回は「猫の心筋症の診断」の概要、遺伝子検査、病歴について紹介する。

猫の心筋症の診断の概要

猫において心筋症の診断を行うのは難しい場合がある(特に一般臨床に携わる獣医師には)。獣医心臓病学の専門家による心エコー図検査が猫の心筋症の最も好ましい診断法であるが、心筋症のフェノタイプの分類は専門家にとってさえ難しい場合がある。ただし、幸い、うっ血性心不全に対する利尿薬の使用や動脈血栓塞栓症の管理といった治療方針をどのように決定すべきかについては心筋症のフェノタイプを問わず同様である。基本レベルの心エコー図検査のスキル(例:中等度~重度の左心房の拡大を検出する)があればより進行した重症度の心筋症を特定するのには十分である。

他の検査法も心筋症のステージ分類、合併症の特定、および予後推定に役立つかもしれない。重要な点として、診断された心筋症のフェノタイプの原因となりうる疾患(第 4 回を参照)についてはその有無を確認することが推奨される(例:肥大型心筋症フェノタイプの猫における血清サイロキシン濃度や血圧の測定)。

「猫の心筋症の診断」の項においてはエビデンスレベルと推奨クラスが併記されている。


表1 エビデンスレベル(第2回から転載)


表2 推奨クラス(第2回から転載)