2020年、米国獣医内科学会(ACVIM)から猫の心筋症の分類・診断・治療に関するコンセンサスステートメントが発表された※1

心筋症は日々の猫の診療においてよく遭遇する疾患である。心筋症に罹患した猫においては、生涯にわたり何も問題が発生しないこともあれば、うっ血性心不全や動脈血栓塞栓症といった重大な問題が発生することもある。

これまで猫の心筋症の分類、診断、治療には、たとえ猫の心臓病の専門家であったとしても「私はこうしている」という点が多く、このことが臨床獣医師を混乱させたり質の高い臨床研究の実施を妨げたりしてきた。

本連載記事では、2020 年にACVIMから発表された「猫の心筋症の分類・診断・治療に関するACVIMコンセンサスステートメント」を 12 回(予定)にわたって翻訳しながら要約する。また、特に重要と思われるポイントに対しては解説を加える。

第 7 回である今回は「猫の心筋症の予後」について紹介する。

猫の心筋症の予後(ステートメントでは肥大型心筋症についてのみ言及)

肥大型心筋症(Hypertrophic cardiomyopathy:HCM)の猫の中にはずっと無徴候の猫もいれば、うっ血性心不全(Congestive heart failure:CHF)あるいは動脈血栓塞栓症(Arterial thromboembolism:ATE)が発生する猫もいる。より若齢であることや無徴候であることは、より長い生存期間と関連する。CHFやATEが発生した猫は無徴候である猫よりも生存期間が短い。

猫のHCMにおけるCHFやATEのリスク因子としては、身体検査における奔馬調律や不整脈の検出、中等度~重度の左心房の拡大、左心房内径短縮率の低下、左心室壁の著しい肥厚、左心室の収縮機能の低下、もやもやエコーや心臓内血栓、壁の運動性の低下を伴った左心室壁の限局性の菲薄化、および左心室流入血流速波形における拘束型パターンがあげられる(詳細は今後の回で紹介)。