2020年2月号で「猫の肥大型心筋症(HCM)」を取り上げていますが、本特集ではその後アップデートとされた診断・治療を中心に解説していきます。
また、症例報告では特発性HCMではないHCMフェノタイプについてエキスパートの先生方にご紹介いただきました!
新たな知識として身につけるべき内容が多く含まれている1冊です!

詳細はこちらから▼
https://eduward.online/products/detail/2024
定期購読はこちらから▼
https://eduward.online/products/detail/2011

特集詳細

猫の肥大型心筋症アップデート
―HCMとHCMフェノタイプ―
監修: 中村健介(北海道大学)

■総論
猫の肥大型心筋症に関する診断・治療アップデート
執筆/中村健介(北海道大学)

■症例報告
1. 急性心筋炎による左室心筋肥大が疑われた猫の一例
執筆/和田智樹、森 拓也(近畿動物医療研修センター附属動物病院)

2. 心臓リンパ腫を伴った肥大型心筋症フェノタイプと疑診した猫の一例
執筆/大菅辰幸(宮崎大学)

3.高ソマトトロピン症(末端肥大症)の猫の一例
執筆/大菅辰幸(宮崎大学)

4. 全身性高血圧症と原発性高アルドステロン血症の猫の一例
執筆/大菅辰幸(宮崎大学)

5. 甲状腺機能亢進症を併発した肥大型心筋症フェノタイプの猫の一例
執筆/藤岡崇伯(ゆめさき動物病院)


おすすめの商品

臨床の選択肢を広げるケーススタディ・マガジン
※販売状況により、売り切れとなる場合がございます。あらかじめご了承ください。
出版:エデュワードプレス
サイズ:A4判 96頁
発行年月日:2021年7月15日


本体価格 4,400円(税込)

こちらの記事もおすすめ