2019年、米国獣医内科学会(ACVIM)により犬の粘液腫様僧帽弁疾患(MMVD)の新たなガイドラインが策定された※1

犬のMMVDは、最も頻繁に認められる心疾患であり、無徴候期間が長く、生涯にわたり無治療で経過する症例も存在すれば、うっ血性心不全や死亡に至る症例も存在する。

これらの臨床ステージの重症度の評価法や治療法は日進月歩であり、2009 年に本疾患について初めてのガイドラインがACVIMから報告されて以降※2、多くの臨床研究が実施されてきた。

本連載記事では、12 回にわたって、2019 年にACVIMより報告された「犬のMMVDの診断・治療ガイドライン(2019 ACVIM コンセンサスステートメント)」を要約して掲載するとともに、重要と思われるポイントに解説を加えていく。

連載第 3 回は、ガイドライン中の第 5 章「5 | CLASSIFICATION OF HEART DISEASE AND HEART FAILURE」にあたる部分の翻訳の要約を記載する。

心臓病と心不全について

「心臓病」とは、本疾患における僧帽弁の粘液腫様変性のような心臓の病理学的変化を意味する。
心臓病はその性質、進行の程度、年齢、状況にもよるが心不全に至る場合とそうでない場合がある。

「心不全」は、心機能障害に起因する臨床徴候を意味する。
心不全は心臓病が心機能に影響を与えた結果生じるが、これは大きく 2 種類に分類される。1 つは静脈圧が重度に上昇した結果、肺や体腔に液体が貯留する状態であり、うっ血性心不全や後方心不全と呼ばれることがある。もう 1 つは、心臓のポンプ機能が安静時や運動時の体の要求に応じることができないほど低下した状態であり、前方心不全と呼ばれることがある。