犬の嫉妬行動を観察

犬が嫉妬行動を示すかどうか、また何時に示すかを判断するために、研究チームは 18 組の犬と飼い主を観察しました。実験の様子はのようにしています。試験では安全のために本物の犬に似たモデルを使用し、対照としてモデルの代わりにフリースで包まれた筒を使用しました。供試した犬は部屋の片側に繋ぎ止められました。犬は飼い主の隣に座っている「偽の犬のライバル」をみました。犬がみている間に、犬とライバルの間に隔離壁(パーテーション)を設置し、飼い主の腰から上しかみえないようにしました。犬は飼い主が手で何をしているか分かりませんでしたが、飼い主が一般的な愛情のこもったフレーズを繰り返していることをみることができました。例えば、「なんていい子なんだ!(What good boy!)」、「あなたはとても良い犬だ!(You are such a good dog!)」、「賢い女の子!(What a clever girl!)」と数回にわたって叫びました。犬が繋がれたリードは、犬がどれほど引っ張ったかを記録する装置に取り付けられていました。したがって、嫉妬の程度の尺度は、犬が隔離壁の後ろにいる際に、飼い主がよりライバルの偽の犬を可愛がっているようにみえたときに、供試犬が飼い主にどれだけ激しく近づこうとしたかを測定することでした。試験結果は、以下の通りでした。


https://courrier.jp/amp/241813/?gallery&utm_source=yahoonews&utm_medium=photo