獣医内視鏡市場は、2018年の159.8百万米ドルから2023年までに219.0百万米ドルに達すると推定され、予測期間中に6.5%のCAGRで成長すると予想されています。胃腸疾患の診断における内視鏡の使用の増加、獣医内視鏡トレーニングプログラムの数の増加、および獣医内視鏡の高度なアプリケーションは、市場の成長を推進する主な要因です。また、ペット保険の増加と動物の健康への支出の増加、コンパニオンアニマルの人口の増加、動物由来の食品に対する高い需要、および獣医の数の増加も、市場の成長に貢献すると予想されます。

しかし、獣医内視鏡の高コスト、およびペットケアのコストの増加は、予測期間中に市場の成長を抑制すると予想されます。

ニュース概要

■市場セグメント

獣医内視鏡市場は、製品タイプ別(フレキシブル、ビデオスコープ、光ファイバー、リジッド)、手順別(気管支鏡検査、腹腔鏡検査、胃十二指腸鏡検査、結腸内視鏡検査、鼻鏡検査)、動物別(コンパニオン、大)、エンドユーザー別(病院と学術機関、診療所)および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。


■病院と学術機関セグメントは、予測期間中に市場を支配すると予想されます。

エンドユーザーに基づいて、獣医内視鏡市場は、病院と学術機関、および診療所に分割されます。病院と学術機関セグメントは、予測期間中に最大なCAGRで成長すると予想されます。獣医内視鏡検査は、内臓を視覚化するために病院および病院付属の画像診断センターで広く使用されています。これは、このエンドユーザーセグメントの成長を推進する重要な要因です。


■地域概要

さらに、レポートは北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東・アフリカなどに分割されている、世界のすべての地域をカバーしています。アジア太平洋地域の獣医内視鏡市場は、予測期間中に大幅なCAGRを登録すると推定されます。

この地域の成長は、動物の病気の早期発見についての意識を高めるための政府の努力、ペットの養子縁組の増加、およびインドと中国では獣医病院と診療所の数の増加に起因すると予想されます。


■さらに詳細な分析のために、各地域はさらに国に分割されます:

・アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、その他のアジア太平洋)

・北米(米国およびカナダ)

・中東およびアフリカ(イスラエル、GCC [サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン]、北アフリカ、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)

・ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、その他のラテンアメリカ)

・ヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ハンガリー、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグ、NORDIC、ポーランド、トルコ、ロシア、その他のヨーロッパ)


■市場の主要なキープレーヤー

獣医内視鏡市場の主要なキープレーヤーには、KARL STORZ (ドイツ)、Welch Allyn (米国)、 STERIS (英国)、Endoscopy Support Services (米国)、 Olympus (日本)、Fujifilm (日本)、Eickemeyer (ドイツ)、B. Braun (ドイツ)、Biovision Veterinary Endoscopy (米国)、Dr. Fritz (ドイツ)などがあります。この調査には、獣医内視鏡市場におけるこれらの主要企業の詳細な競合分析、企業プロファイル、最近の動向、および主要な市場戦略が含まれています。


■調査レポートの詳細内容について

https://www.sdki.jp/reports/veterinary-endoscopy-market/109987


■SDKI Inc.会社概要

SDKI Inc.の目標は、日本、中国、米国、カナダ、英国、ドイツなど、さまざまな国の市場シナリオを明らかにすることです。また、リサーチアナリストやコンサルタントの多様なネットワークを通じて、成長指標、課題、トレンド、競争環境など、信頼性の高いリサーチインサイトを世界中のクライアントに提供することに重点を置いています。SDKIは、30か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の手つかずの経済圏での足場を拡大することにさらに注しています。


こちらの記事もおすすめ