動物看護師として今まで以上に“責任”を

―さて、動物看護師がいよいよ国家資格化されますね。日々業務にあたりながら勉強していくことになると思いますが、講師として動物看護師として、どのように進めていくのが良いか全国の動物看護師にアドバイスをお願いします!

小野沢:まだまだ決まっていないこともあり、全国の動物看護師たちも不安でいっぱいだと思います。
臨床現場に携わっていると、病院や個人によってやり方が異なり、基本的な知識が曖昧になっていることが多いと思います。そういったところを振り返るために、まずは認定動物看護師の試験対策をベースにして、そこに、これから出てくる課題を追加していく形で勉強していくのが一番ではないかなと思います。


―国家資格に関する情報が明確になるまでは不安な部分もあると思いますが、国家資格化する上で動物看護師に期待することはありますか?

小野沢:多くの動物看護師の方には国家資格を取ってもらいたいなと思っています。そうすることで、動物看護師という職業の認知度の向上に繋がっていくと思います。
今回国家資格化が決まったことにより、多くの人に動物看護師の存在を知っていただくことができたと思っています。しかし、まだまだ「動物看護師っていう職業があるんだ」という言葉を結構耳にすることがあります。国家資格になったからこそさらなる認知度のアップも期待できますが、もちろん認知度を上げるためには、動物看護師自身も頑張っていく必要があります。


―確かに、国家資格化のニュースは大きく取り上げられて、そこで動物看護師の存在を知ったという話をよく聞くようになりました。動物看護師の認知度をさらに知ってもらうために、普段の診療でできることはありますか?

小野沢:やはり飼い主様との“コミュニケーションを重ねること”が重要になってくると思います。
ユニフォームによっては、獣医師に見られることもあったり動物看護師として認知していただけていないこともあるので、動物看護師として飼い主様に接することで、その存在を知ってもらう必要があると思います。


―最後に、動物看護師の皆様へのメッセージをいただけますか?

小野沢:国家資格を取るからには、“責任”がさらに重くなると思います。
動物看護師が出来る業務も増えるので、やりがいもさらに感じられるのではないでしょうか。
動物看護師の皆さんには、これからもモチベーションを高く持って、動物看護師という職業に自信をもって、飼い主様とペットのケアにあたってほしいと思います。国家試験に向けて不安も多いと思いますが、一緒に頑張りましょう。